蜻蛉の暇生活まとめ

暇生活のメモ書き。。

プロスピにはまっている今日この頃の僕です。
近況としてはついに打率が4割に乗りキープできるようになりました。

今日はプロスピのリアタイで自分のどの投手が良い成績を出しているか
&次投手を補強できたら誰をリストラすればいいか を調べるための指標を考えていきたいです。

現状先発ローテは序列順に 田嶋床田大野上沢青柳のS
中継ぎは 近藤SロドリゲスA松永A山岡B山崎A となっています。

この感覚的な序列が正しければいいのですが、
正しくないと補強したのに知らぬ間に戦力ダウンしていたなんてことが起こったり
某青いチームのオフシーズンのようなことが起こります。

さて、データ野球が発展した昨今では様々な投手指標がありますが
プロスピのリアタイとプロ野球で大きく違うのは対戦相手の実力の差が激しい点があげられます。

ですので、今回試しに思いつきで使った指標は

   獲れたアウトの数 *(5 ー 失点数)* 相手のチームレベル

というものです。
当たり前ですが失点数が同じならアウトが多く取れたほうが評価されるべきだし
失点数が同じならレベルの高いチームを抑えたほうが評価されてほしいと思って作りまちた。

対戦相手のレベルが高いから相手の得点率が高いかは正直疑問ですがある程度の相関がある感じがしているし、対戦後にもレベルは確認できるので使い勝手が良いということで採用してみました。

最近では、失点数は偶然の要素が大きく、WHIPが正しい指標だなど様々な流派()が存在し議論されているのでこの式でも失点数のみを考慮していいものかなどが指摘できますがとりあえず検証してみましょう。

実際プロスピでは
・守備がかなりバグっているので安打数は考慮しないほうがいい
・打ちやすい投手ほど本塁打が極端に打てる
傾向があるので被本塁打を何とかして評価の一部にしたい感じはする。

今回の検証では、先発ローテを5周し中継ぎを各2回使ってみた。
早速先発投手の結果を見てみたい
プロスピ投手査定
意外なことに上沢が一位であった。
この企画の直前に配球をつかんだものがあってそこから劇的に抑えれるようになったのが反映されていた。
田嶋はさすがの安定感。

これが最近30試合の投手勝利数である。
この指標がなかなか的を得ていることがこれからも分かる。
IMG_2071


この式はなかなか結果ともリンクしていて直感的でもあるので先発投手の査定に使えそうなことが分かった。
次先発投手が取れたら青柳を首にしたらよいことも分かった。

この表を作るにあたりそれぞれの投手の結果を入力していて気づいたこととしては
床田は短いイニングなら比較的抑えるが3人目の打者あたりから被打率が跳ね上がること、
田嶋は短いイニングから失点したとしても、長いイニング投げたらそこそこの出来に収束する
ということに気が付いた。
おそらく後者は球種が多彩なことが影響していると考えられる。
あと、床田は一番被本塁打が多かったのだが、その大半がインハイの高速スライダーだった。

次に中継ぎ
中継ぎ投手の査定

結論から言うと中継ぎ評価には全く向いてないことが分かった。
そもそも試行回数がすくなく相手のレベルが反映され過ぎていることもあるが、
大きな原因としては
中継ぎを出すときは2パターンあり
・先発が打たれそうだから回の頭から出す場合
・先発がピンチを招いたので安打一本すら許せないが1,2アウトのみでいい場合
の二種類あるが前者のみしか査定できないことがあげられる。

データ入力中に気が付いた点としては
近藤はヒットを打たれるが一イニング任すとなんだかんだ無失点に抑える
山岡は1アウト獲るだけならかなりできるが1イニングは任せれない
という点か。
あとはまだ松永を扱いきれてない感が否めない。

今回はここまで、次回は
ぼくのかんがえたさいきょうのなかつぎしひょうを作るために
プロ野球で実際に用いられている投手指標について考えていきたい。

<本日のお品書き>
・他投手のカットボールとの比較
・S査定の他投手の球種との比較
・結論
・考察

1.他投手のカットボールとの比較
投球割合が高い且つ被打率が低いカットボールを投げる投手が良いが優秀なカットボーラといえる。

最初から脱線してしまうがデータ収集していて感じた点としては、
比較的カットボールは打たれやすい球種に分類されるのではないかということである。

投球割合
球種別被打率
このようにカットボールは奪空振り率では7.3%で5位であるのに、被打率では僅差で3位である。
フォークボールが低打率なのはストライクゾーンに投じられることが少ないからであろうか。

まず、様々な人のカットボールを比較してみた。
始めにカットボールの投球割合が高い投手の被打率比較である。
カット被打率1
カット被打率2
グラフにするとこうなる。
chart
左から査定は、唐川B、海田B、森B、大瀬良S、柳A、ブセニッツC、山本B
((名前の色で明記したかった。。
ハフはチェンジアップとカットボールで勝負していたのにこのクオリティで素晴らしい
残念ながらダイヤモンドバックスに移籍してしまったのでコナミの査定を見れなかったのがとても残念。
投球割合と被打率から見て大瀬良よりもハフのほうが良いカットボールを投げていたといえる。
そして好都合なことに同リーグであるのもデータ的に好ましかった。
ただただ今作登場しないためにカットボール査定の検証に使えないのだけが玉に傷。

こうしてみるとカットボールといっても様々な球質があることがわかる。
中日柳投手のカットボールは空振りを狙える球であるがストレートの平均球速と約8km/h差あり
奪三振の4割近くはこの球で奪っている。
一方、ブセニッツ投手のカットボールはストレートと約5km/h差で三振の大半はカーブで奪う為
カウント球として用いる球種等のがわかる。
なんか都合よブセニッツのカットボールの動画があった。さすがパTV
<iframe title="vimeo-player" src="https://player.vimeo.com/video/337083342" width="640" height="360" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>
被打率を基に比較したとき、投球割合トップ10に入った投手で被打率TOP10にも入ったのは
ハフ、大瀬良、唐川のみであることが分かった。

柳のカットボールがAで唐川のカットボールの査定はBである。
投球割合で大きく上回るが被打率をわずかに下回る唐川を柳より低い査定にしていることから
被打率が査定に大きく影響する要素であることがうかがえる。
また、比較的先発投手の査定は中継ぎ投手に比べて一段階上になる傾向があるようにも見える。

長すぎるので今回はここまで
次回はA査定をもらった球のデータから比較していこうと思う。

こんばんは。
いま横で3Dプリンタ君が働いています。
プリント時間は8時間29分だそうです。
労働基準法第34条によると8時間を超える場合1時間の休憩を入れないといけないらしいので、
労働基準法違反ということになるようです(知らんけど
まぁ上司のつもりの僕も何か作業をということで思いつきでやっていこうと思います。

さて、今日はお便りが届いています。

元中日の川上投手のカットボールはAなのに広島の大瀬良投手のカットボールの査定がSです。
これはおかしいと思います。ぜひ調べてみてください。
                           19歳男性
なるほど、とりあえずプロスピの能力と概要を見てみましょう。
川上憲伸-2004年 沢村賞をとった年ですね。

IMG_2017
IMG_2023
IMG_2018

2位にされているのが川上投手である。


大瀬良大地-2019年

IMG_2020
IMG_2022
IMG_2021

川上憲伸投手は今サンドラという地方番組で中日ドラゴンズ大好き芸人として活躍していますね。


ここから査定を査定していこうと思いますが注意事項を
・球威コントロールスタミナは今回は触れません。
・球種の評価(球威)は被打率によるものと推測されるので被打率を評価基準とします。
・球種の名称と投げた球が一致しているかなどは宗教戦争が起きるので良心をもって推量します。
・あまりに投球数が少ないものについては突っ込んでいこうと思います。
(投球数が少ない = データ、頭にないので評価がとても上がりやすい恐れがある

参考
・slugger特別編集 2020プロ野球オール写真選手名鑑

<ここで悲報>
あまりに2004年というのは昔過ぎたようで川上憲伸の投手成績の詳細は残っていませんでしたorz

まぁ残っていたところでリーグ環境も変わっていますし比較は適当ではなかったかなとも思います。
ということで2019年度の他投手と比べていこうと思います。。

まず初めに大瀬良投手の投球詳細を見てみましょう
大瀬良詳細1
大瀬良詳細2

大瀬良詳細3

大瀬良詳細4

大瀬良の持ち球の中で投球割合2位、防被打率は1位、
奪空振率は1位のスライダーと僅差で2位ということがわかります。

以上のことから大瀬良の持ち球の中で評価が一番高いのは妥当といえるでしょう。
また、以上から被打率と査定がある程度リンクしていることも見て取れると思います。

...ツーシーム実装されてないけどもし実装されたら最強投手爆誕なのでは()
宮西の0.9%しか投げてないシンカー実装されてるんだしこちらも実装はよ。
((実装してないほうが正しい気もする

長くなるのでここで一区切りしようとおもいます。

<次回予告>
・他投手のカットボールとの比較
・似たようなデータの他投手の球種との比較
・結論
・大瀬良のカットボールの妥当な査定


おまけ
球種と被打率等に関する良記事

このページのトップヘ