蜻蛉の暇生活まとめ

暇生活のメモ書き。。

こんばんは。
作業につかれたので気が向かなかった和歌山大会の記事を書きます。
脳みそも整理されてきたし。。

さっき気づいたんですが、開幕前に新外国人の成績予想記事書こうとしてたんですよね。
開幕しちゃったしお蔵入りですねぇ、、
シーズン終了後に自分で見て楽しもうともってたのに。

本題に戻って、今年僕は組み込みプログラム担当でした。
来年からはちゃんとコード設計していきたいです。
おせーてくれたお馬さんありがたうございまちた。
まず結果は6戦2勝3敗1分けの44位でした。
2勝はどちらも二日目に挙げたもので一日目に負けまくってたおかげですね。
原因は1日目にロボットが間に合わなかったことです、合掌。

前日です。lipo君を収納してないことからもわかるように組み込みかいてますね
IMG_0262
IMG_0264
馬が先輩だよ!って買ってきてくれたドクペです。おいちい
好待遇してもらったのに当日まで組み込み書いてて申し訳ないです精進します。


反省ですが、チームのことなんて書いてもしょうがないし反省会もしてないので個人だけかきます
・チームの分担で決められたこと以外に介入しない
ドライに見えるけどこっちが正解な気がした。相手にとってよくないなぁとおもいまちた。
自分が失敗したらその担当のひとが同じ失敗したときの2倍は負荷がかかるし。
作業面だけでなく運営もだと思います。
チームスケジュールしてくれる人がいればその人に任せばいいし、運営してくれる人がいれば
人間関係とかも任せばいいのです。
複数人が介入してもこじらせるだけだし、チームで何かするときは余計な事せず分担された人がしっかりするのを見守るのが最善だなとおもいました。

・他人が作ったものを扱うときは一段慎重に
わかった気で扱うと使ったことあるものでも壊しがちになる気がします。
製作した人に逐一確認したほうが身のため。。
誰が壊したかうやむやになるし

・データシートを読め、公式ドキュメントを見ろ
CrB7975UMAE5Oh1

そしてちゃんと確実な方法で確認して、、ふっとプリント、、部品発注、、

・手を動かさなくなった

・新しいこと何もしなかった
チームでやった目新しいこととして中国カーボンの使用やarduinoDue同等回路の製作、
光造形パーツの使用があります、、、がしかし、これはチーム組んでたナキさんがやったことで
個人ではなんもしなかったなぁとおもいます。
しいて言えば3Dプリン君導入ですかね。受験終わってからあんなに時間があったのに何で消えたんでしょうか。あの時期もっとうまく使えただろうに。

ということで、大学に入ってinventor(授業で使うので強制)とstmをはじめてみました。
stmはlチカできたのでpwmがんばります(キラキラ新入生感
IMG_0318
テストでプリンタですが、本番はアルミの予定です。
一回転中にサイドホイールが接地してる時間が長ければグリップがいいのではということで
厚めのサイドホイールに小さめのメインホイールで行きたいです、、うまくいくかな()

ということでさようなら(*´ω`)
校正してないけどいっか

おおむかし多分10月くらいに愛知工科大の学祭を同級生に誘われて見に行ってきました.
昔ノード大会でお世話になった先生がいたところですね.

缶サットとかのローバーがあったのに写真がないのが残念...
車の修理工育成施設でもあるようで、ガソリンスタンドみたいな設備が備わってるのが印象的でした
 あと車メーカーと自衛隊が展示しに来ててバイク乗ったりコート着させてもらったりしました.

展示は主に画像処理の機械学習と缶サットとSLAMという感じでした.
ローバーにブラシレス用いてるのは防塵対策だとか(ブラシだと排熱口から砂はいる
cfrpがグラインダー加工だとか
積層を隙間を開けつつ柔らかい素材を3dプリンティングして
クッション性のあるタイヤをつくるとかのノウハウを教えていただきました.

缶サットのところをみていたら人工衛星の会社に就職された卒業生の方がいらしたりして
研究は就職に直結するんやなとおもいました.

 画像処理の機械学習のところはmatlabで既存のライブラリ使っているだけのようで
教授のかたにmatlab最強を連呼されました.

SLAMのところもいろいろお話してくれて
Lidarの基礎的なところから
panasonicはLidarの研究昔からやってて可視光でやっていて
いきなり車などに搭載して実験するのはリスクが大きくて、
室内で運転する掃除ロボなどは車に搭載する前段階としていい実験材料
だから積極的に搭載する流れができたとかのはなしをきけました

なんか研究室の反対側に教授室があって質問すれば対応していただけたり
学生と仲が異常によかったり教授との敷居が低いなぁと思いました.

メモを頼りにした走り書きですが以上です~

表題のとおり、Quantityはサッカーライトウェイトで出場し1位通過することができました.
まぁ1位で推薦枠がないなんてことはないと思うので、全国までにしっかり準備しつつ
たまりにたまっている課題を消化していきたい所存です.
IMG_20190127_162338[1]
内容は不完全燃焼の一言なんですが、まぁ結果オーライです.

肝心のロボッヨ君はあまり動きに課題があり気持ちよく点を決められないなど
フラストレーションがたまる内容となってしまったのは改善点かと思います.

僕個人としては初めてのキャプテン業務でしたがこれに関しても要改善という状況です.
ex.スタート時、慣れetc

会場のスタッフには元Nitoroの方や浜北の北さんがいらしてロボット見せていただいたりできて楽しかったです.
なんて豪華なスタッフ陣なんだ....

全国へのデスマのはじまりですが頑張っていきたい所存です.
対戦するかもしれない方はお手柔らかに(

このページのトップヘ