蜻蛉の暇生活まとめ

暇生活のメモ書き。。

カテゴリ: ロボット一般メモ

/*
この記事はRCJや缶サットをやってらっしゃるタキモト
ツイッタ:@ET_TOINkagaku
さんが書いてツイッタに公開してたもののコピペです(
もうすぐ彼もブログを開設するそうなので乞うご期待()
以下からです.
*/

バッテリの取り扱いについては色々ネット上に溢れてますが、そもそも基本がわからないことは多々あると思います それについて若干話してみようと思います

まず、バッテリの種類について ざっくりまとめます LiPo ハイパワー 発火の恐れ大 LiFe ハイパワー ハイコスト 発火の恐れ中 NiMH ローコスト ヘヴィ メモリー効果 発火の恐れ小 NiCd ローコスト ローパワー メモリー効果 発火の恐れ小

LiPoは自ら可燃性ガスを発生するので特に危険性が大きいです 留意する必要があります メモリー効果とは 継ぎ足し充電(残量がある状態で充電)すると、容量が減る現象です。 一日に何度も充電する用途だと問題になりやすいです と言っても最近ではかなり影響が少なく改善されてきています

バッテリーを使う上で最も怖いのが、過放電、過充電です。 過充電に関しては、きちんとした液晶モニターがつくような充電器を使えば問題になることは少ないでしょう 過放電に関しては、まずはデータシートを読んで、1セル何Vを下回ると駄目なのかを知った上で、マージンを取りましょう

機体には簡易的なものでも電圧監視または電圧計をつけておくべきかと思います また、このあたりの問題を考える上で、バランス充電という単語が出てきます。これは何かと言うと、急速充電などではバッテリ全体の電圧を見て充電を停止しますが、バランス充電では、各セルを同電圧に充電します

これにより、各セルの電圧差による問題のリスクを下げられます 例) 3セル9.9VLiFe 1セル当たり3.6V~2.3Vが定格 このとき、6.9Vを下回れば勿論アウトですが、セルのバランスが取れていない場合、全体で7.5V(理論値では1セル2.5Vある)状態でも、定格の2.3Vを切る可能性が大きくなります

次に、充放電レートの話をします バッテリに30Cなどという文字がありますが 1C=一時間でこのバッテリーの容量を充/放電する能力を有する ということです 充電レート30Cまで、などと書いている場合 1h/30Cとなり、最速2分で充電可能ということです。

ただし、充放電のレートを上げるほど負荷は大きくなるので 可能な限りゆっくりと充電(可能なら1Cでバランス)、放電を行うことが、バッテリーを保たせる秘訣です

そして、バッテリーの物理的保護の話です バッテリーというものは、基本的にエネルギーを蓄えているものですから、その平衡が保たれなくなったとき、そのエネルギー量に応じて化学反応などを起こします。

例えば、LiPoに何かが突き刺さろうものならば、 LiPoは高エネルギーを蓄えられる≒物性的に不安定 なので、ほとんどの場合において、発火します また、これは衝撃等でも起こり得ます しっかりと保護することが、バッテリーを使う上で最低限のルールです

発火という単語が出ましたから、それに関連して話していきます 基本的に、どのバッテリーも発火の可能性を孕みます 過放電または劣化して、セルが膨らんだ後、限界を超えて発火したり、前述の通り物理的要因から発火することもあります

対処法としては まず、完全消火はほぼ不可能です 酸素を遮断し一時鎮火させた後、人のいない可燃物のない外で燃やしきって下さい ABC消化器や水は無力どころか火に油を注ぐ結果となり得ます 兎に角一時鎮火、及び安全な場所にバッテリを移すことを考えるべきです

では、劣化したバッテリなどの処分はどうすればよいのでしょうか 基本的に、電気エネルギーを使い切って、低エネルギーで発火の恐れを小さくしないと処分してもらえないことが多いですが 巷に流れる食塩水法では問題が発生します

水素、塩素、水酸化銅、水酸化ナトリウムなどが生成されてしまうのです 現在、これといった方法は見つかっていません 筆者も考察を重ねています 安全な場所で小型モーターを回し続けるのも一つ手かとも考えています 電圧が十分に低いバッテリは、電気店の回収ボックスなどに入れます

ここまで、書いてきましたが、筆者も素人です 間違い等あるかもしれませんが、これをきっかけに情報収集に努めてもらえれば幸いです #ポンコツタキモトの手記

ども、とんぼです。

寮という監獄に収容されているはずなのに昼夜逆転生活を送っています。。
今日は3者面談&授業参観なのに一睡もしてません(真顔)

さっそく本題にはいるとティアドロップをkicadで導入してみようという記事です。

1)まず、こいつをダウンロードします。

2)kicad-teardrops-masterのファイルごと移動します
※たぶんkicadの親フォルダにでもおいておくと無難だと思います。

3)とりあえず、適用したい図面の配線を完了させます((地獄
※塗りつぶしをteardropを適用する前に完了すると接触してしまう気がするので
 注意した方が良い気がします

ここからがメインです

4)teardropsのファイルの中にteardrops.pyというファイルがあるのですが、
そのteardrops.pyの36行目が
if pad.GetDrillShape() == PAD_DRILL_CIRCLE:
となっていますが
if pad.GetDrillShape() == PAD_DRILL_SHAPE_CIRCLE:
に変更してください。
※pythonは言語の仕様上インデント(スペース)がずれるとエラーを吐くらしいので
 気を付けてください

5)teardrops.pyのパス(場所、c:¥kicad~~ みたいなやつ)を入手します。

6)ここまでできたらkicadの配線作業画面に戻ります。
キャプチャ
python consoleを起動します。(画面のまるでくくったやつ

7)>>> cd パス名(5で取得したやつ)を入力します(コマンドプロンプト的な感覚

8)>>>improt teardrops と打ち込む
conslole ed
一例として、ぼくの環境でやったものを置いておきます。
ご丁寧に、作成したteardropの消し方を書いてくれてますね。。

これでteardropが完成するはずです。


/*
teardropは図形扱いされてるみたいなので、
配線作業画面の ブロックの操作>図形を含む から消せるようです。
*/

※たまに動作させたつもりがエラーも出なければteardropも生成されないというバグが起きますが、
 kicadを再起動すれば治ります。
 

/****
README.mdより

pythhon consoleから動かすには(import teardrops)、
元に戻すにはレイヤーのすべての図面を削除。
再適用するにはreload (teardrops)と入力します。 

DRCに関してなにか不安を抱えているようで、
製品製作には向いてないそうです

****/
。。
翻訳ぼくやとたどたどしい。
製品製作でもネットに落ちてるようなライブラリ使うようなことがあるんですね。

これ作ってくれたりした先人には深く感謝していきたい所存です。。


・おまけ
/*
これは最初に試そうとした方法で結果としては失敗しました。
ただこの方が選択の幅があったりしてよさそうなので今後この方も模索していこうと思います。
圧倒的な雑さでお送りします
*/

まず、こんな記事がネットにありますた。

1)こいつを導入すればやってくれるらしいので、ダウンロードする。
2)ファイルをReadmeに書いてあるとおりに保存する。

・注意点(2つ
ボードファイルが破損しているとteardropアプリケーションの後では
再オープンできません OpenGLードでは、涙滴領域にいくつかの人工物が表示されます。
ガーバーと、デフォルトモードでは問題はありません。
(translated by google )

3)つぎに、この動画をみてみる。

4)できる!はずだったorz
多分動画以前のもんだい()

おはようございます。蜻蛉です。
なんか寮のルール変更により、授業直前まで寝てたところを40分以上早く
(月木に関しては2h近く早く部屋から出なきゃいけなくなりました。
で、いま【急募】ベッド な状態です。。
最近の発明としては眠いのは睡眠不足ではなくカフェイン不足だというのを発見したことですね。
というわけで、物量で解決したい所存です()

やろうとしたのはこれ
またしても他力本願。
で、普通の人はこれを素直に実行すればできます()

じゃあ僕がどこに躓いたのかというと、"ユーザーフォルダ名のスペース"でした。
エラー画面では、
僕のユーザー名は**m b**なのに**mで切れていることと、
ファイルが存在しなくて参照できていないことがわかりました。

そこで、この方法をつかってユーザーフォルダの名前を**m b**→**mb**に変更して解決しました。

いまは、相対パスなるものが壊れているらしくクイックアクセス等を用いて
移動できなくなったりしています。

で、もう一度Twe-Liteでのコンパイルを試してみたらできました。
(エラーをものすごくはいてますが。。

正直、Arduino IDEを入れなおしたりかなり時間かけていろいろしたので、
こんなのが原因なのかよ感が否めないですね。

感想としては、出来ない理由がわからないしもとからできない可能性もあって
投げやりになってたら馬氏があっさりできてて、(毎度助け舟アリガタヤー
それから本気で原因追及を始めたところあたりですかね。。

これでは、人を追うことしかできないよなぁとかできてから思いました。

ともかく、Twe-Liteの開発が少しは楽になりそうな環境が構築されたはずなので、
今日から頑張ろうと思います。

今回の教訓は、
ユーザー名は漢字とかスペースとか使うのやめようなソフトによってはバグるよって
ところですかね。では、、

こんにちは。今日は初elecrowが着弾した話です。
0uZ4Eh2U
こんな箱に入ってたようです。(alpaca邸に届かさせた

どうでもいいですけど、金を払う手段を早く持たないとですね。。
親に隠れてやってるのでなんも部品買えない。。
開けたらこんな感じです。
elecrw

包装はこんな感じ。
elecrow2
一つのデータ内に同じものを3つ並べておいたんですけど、
elecrowさんが勝手につないでおいてくれました。
↓親切ですね。(10*10(cm)内だと小さくしても価格が変わらないのでつないだ方がお得な気がします。
elecrow3
価格はで54*74(mm)$6.90、送料が$13.66。合計で$20.56 でした。
送料高いんでまとめて注文しましょうね(戒

注文したのが5/31で到着が6/7だったようです。
elecrowガチャは5→6でした。(低密度だからかな

物についてですが、ラインセンサ―で、前回より小型化しました。
あとは、機体の底側から取り外しできるようにしたいです。(メンテしやすそう

初めてやってノーミスでできてたのはうれしいです。
次回からは画像入れたりしたいですね。

オシマイ 大学ロボコン面白いなぁ

まずは近況を、z80の件はTC5517というスタティツクRAMが手に入らなくて中断しております。
電子部品屋さんが知り合いで持ってる人いるか聞いてあげるよーって言ってくださってるので
待っているという状況です。

勉強は、正直計画どおりにまったくやりませんでした。
反省して決めた時間はやるようにしようと思います。
(ちなみにこのブログを書いた日はテスト終了日でした

それで暇つぶしに新型ラインセンサをつくってみました。
全国版から素子数を増やしてみました。
あとなんか小技をいろいろはさんでみました。(略

そしてそれを、elecrowに投げてみました。
まぁ僕はクレジットを持ってないのでalpacaに払ってもらいやした。

参考にしたブログ
正直これ見れば解決します。
宅急便はOCS/ANAexpressにしやした。alpacaおすすめです。

以上、他力本願なブログでした。

思い出したので書いときますが、Quantityっていうチームに求人が出てました。
結構、入りたいけど予定がなんともやし迷惑かけるだけやからやめときやす。

もう一つ追加でcnc買うかもです。うれしいな。のちに詳細書きます

このページのトップヘ